復職支援病院について

 東京都は、地域における看護職員確保対策の拠点となる支援病院を公募により選定することで、「東京都看護職員地域確保支援」の実施規模を拡大し、看護職員確保対策を一層推進することを目的として、毎年4月上旬に支援病院の募集を行います。

1 事業内容

 支援病院での研修開催は、3コース(1日コース・5日コース・7日コース)年間2クールとなります。離職している看護職が参加希望する研修コースを選択し、直接支援病院に申込む形となります。

 支援病院では「東京都看護師等就業協力員」(支援病院協力員)を設置して、再就業を希望する離職中の看護職に対し、復職支援研修及び再就業支援相談等、東京都ナースプラザから派遣する「東京都看護師等就業協力員」(本部協力員)と連携して実施いたします。

2 公募の概要

 応募書類及び公募期間、書類提出先等についてはホームページでご案内いたします。


必要な書類は下記よりご確認頂けます。

3 支援病院の選定について

 応募していただいた病院の中から、「支援病院選定委員会」の審査により、東京都が地域の看護職員確保の拠点としてふさわしく、かつ事業の目的に沿うと認めた病院を地域就業支援病院として選定します。

 審査後の結果通知は5月中旬頃までに各病院に東京都が通知します。審査内容に関する問合せ等はお受けしておりません。

4 問い合わせ先

公益社団法人東京都看護協会・東京都ナースプラザ

東京都ナースプラザ 確保対策事業係
TEL:03-5229-1525 (8:45~17:00)  お問い合わせフォーム

前のページへ戻る