一日看護体験学習

 都内の病院、介護老人保健施設及び訪問看護ステーションのご協力を得て、「一日看護体験学習」を行います。対象者は、都内在住または在校の中学2、3年生と高校生及び都内在住の看護職を目指す社会人の方です。

 看護への関心と理解を深めていただくとともに、今後の進路選択の参考としていただきたく、積極的なご参加をお待ちしております。

応募受付期間

はがき・WEB 6月10日(金)~6月22日(水) 申込を締め切りました

NEW! 追加募集(高校生のみ)

◆全施設で再募集があるわけではありません。個別のお問い合わせにはお答えできかねます。
◆既に参加施設が決まっている方は、再度のご応募はできません。
メールアドレスを既に登録済みの方は、返信メールに記載のURLからお申し込みください。メールアドレスを重複登録するとエラー表示になります。

追加募集受付期間

WEB(高校生のみ) 6月24日(金)正午(12時)~6月27日(月)正午(12時) 申込を締め切りました

高校生追加募集実施要領

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、参加条件の変更や中止の可能性があります。ホームページやメールにてご案内しますので、随時ご確認くださるようお願いいたします。安心してご参加いただけます。コロナ対策を取りながらの開催です。詳しくはホームページをご覧ください。

このような体験は初めてだったのでとても緊張しました。母が看護師なので少し話は聞いていましたが、体験してみると、とても大変なのだと知りました。将来何になるか考えている途中ですが、看護関係の仕事がしたいと思っています。中学生


初めて本物の看護師の仕事を見て、とても大変な仕事なのだなと思った。今回の体験で興味を持ったのでもっと知りたい。中学生


看護師の方々が患者の方と気楽に話している様子を見て、患者の方にとってはそういう対応が安心感につながるのではないかと思いました。また、患者の方の信頼と、看護師の方の信頼の双方が成り立って関係が築かれて行くのだと感じました。改めてとても良い仕事だと思いました。ありがとうございました。中学生


すごく楽しかったです。スタッフさん方が一人一人の患者さんの情報を共有していたのでとても良いチームプレーだなと思いました。一つの質問が会話を広げていき、患者さんのことを知ることができました。立ち仕事で疲れが出ると思っていましたが、患者さんと話したり笑顔が見られたりすると、疲れは吹っ飛びました。看護師という夢がより一層強まり、忘れられない看護体験となりました。ありがとうございました!!中学生


病気になっても、自分の家で生活するという選択肢もあるのだなと思いました。また、訪問看護はとても良い制度だなと思いました。中学生


実際、看護師の仕事を体験してみて気づいたことが多くありました。パソコンでデータを打ち込んだり、洗髪したり、点滴を作ったり短い時間の中で様々な仕事を行っていて、しかもそれを笑顔でこなしているのが本当にすごいと感じました。また、看護師でないとわからない血圧の異常や床ずれなど、日々患者さんと接していないと気づくことのできないことがあるというのがわかりました。高校生


具体的な仕事内容や、徹底して感染対策を行っていること、看護師のお仕事が患者さんの命に関わっていて責任が大きいということを学ぶことができました。また、退院する患者さんのカテーテルを抜いた時の患者さんのほっとした笑顔を見て、看護師さんは患者さんの心に寄り添える、とても素敵なお仕事をしているのだなとわかりました。高校生


今回の看護体験で話すことができない患者さんとコミュニケーションを取ることがどれほど大変かということを改めて感じました。また、口で話せなくても文字盤を使ったり、目を使ってコミュニケーションを取ることで患者さんが笑顔になるのを見て、私も将来患者さんを笑顔にできる看護師を目指したいと思いました。高校生


今まで見たことのなかった病院の一面を見られて良かったです。患者さんへの気づかい、声掛けなど、ちょっとした心遣いを沢山教えていただきました。ありがとうございました。高校生


体験前後で訪問看護への印象が大きく変わりました。ただ忙しくて根気がいるだけではなく、その中にも楽しさがあることをとても感じました。今回の体験はこれからの進路を決める上で良い経験になりました。高校生


患者さん一人一人にベストを尽くすことを大切にしているその姿勢が強くみられて感動しました。一生懸命勉強し、看護師として働きたいと思います。社会人


看護師さんの仕事が想像以上に科学的だということに気付きました。どんな言葉や行動にもきちんとした根拠があることを説明していただきハッとすることの連続でした。社会人


車いす、歩行器の体験をさせて頂いて、見ている場所が違うことがわかった。社会人


百聞は一見にしかずで、実際に働いている方の姿を真横で見ることができ、勉強になりました。医療のチームワーク、看護師のチームワークそれぞれ少しずつ特徴が違うことを発見できたのも大きな収穫でした。社会人


現職の方々とコミュニケーションをとれ、お話しできた事でも看護職挑戦への勇気が持てました。社会人


看護師さんたち、患者さんがとても優しくしてくださり、とても楽しい実習でした。看護師さんが患者さんをどう支えているのかをしっかり見ることができたと思います。(熱が高い患者さんに付き添ってトイレに行ったり、歩けない患者さんに「できるよ!!頑張ろう!!」など小さな目標をつくったり)改めて“看護師”という仕事に関心を持つことができました。高校3年生


普段見ることのできない医療現場を間近で見ることができ、実際の仕事内容や患者さんのリアルな声などを聞けて、本当に良い経験になりました。将来看護学を学ぶとき、実習に行ったとき、実際看護師になったとき、今日の経験が役に立ったらいいなと思います。高校3年生


訪問看護の体験はなかなかできないので参加しました。訪問看護は病院看護とは違い、月に何度か通い、それを何年も続けることで自宅療養の方との間に信頼関係が生まれ、看護師さんが来る日を楽しみにされています。私も今日見学させてもらった看護師さん方のように、患者さんの少しの変化に気づいたり、気を配ったり、看てもらえて嬉しいと思ってもらえるような看護師になりたいと思いました。高校3年生


患者さんと接している看護師の方の対応や患者さんを第一に考えている姿勢を見ることができてとても良い体験ができました。医師の方やリハビリの先生などとも連絡を取り合って患者さんのために働いている姿がすごく素敵でした。高校3年生


ベッドの違いや手足の洗い方、点滴など、看護師さんがいろいろ教えてくださり、とても勉強になりました。手足を洗う時にお手伝いさせていただき、終わった後にありがとうと言ってもらえ、泣きそうになるぐらい嬉しかったです。今回のことを糧に夢に向かって頑張って行きたいです。ありがとうございました!!高校3年生

前のページへ戻る